のど越しのよさが心地よいプリプリ麺と、小魚ダシとゴマの風味をきかせ、辛さの中に旨味のある、最高のつけダレが完成しました。
商 品 名  広島流つけ麺
価  格  1,150 円(税込)
内 容 量  4食 ※具材は入っておりません
品  番  0936
発送形態  常温便
賞味期限  冷暗所50日
数  量
  個  
  辛いけど、旨い!クセになる辛さ!!
今では全国的に知られるようになった
広島の『激辛つけ麺』。
始まりは昭和20年、広島市内に最初のつけ麺専門店が開店した時ですが、更にさかのぼれば、太平洋戦争の折、中国で兵隊さんの食事を作っていたその店の主人が、かの地で教わった四川料理をヒントにつくったそうです。

こだわりの激辛つけダレ
『つけ麺』とよばれる麺料理は関東にもありますが、これは温かい醤油ベースのつけダレが主流です。

広島の『つけ麺』は唐辛子の入った激辛の冷たいタレで、冷たい麺をつけて食べるのが広島流。
素材がシンプルでごまかしのきかないこの料理。
開発には麺も、タレも試行錯誤の連続でした。
その甲斐あって、のど越しのよさが心地よいプリプリの細麺と、小魚ダシとゴマの風味をきかせた辛さの中に旨味のある、最高のつけダレが完成しました。
  美味しい食べ方
     
【手順1】
沸騰させたたっぷりのお湯(約2L)に麺をほぐしながら入れ、約2分ゆでてください。
※当社のつけ麺は麺が少し長くなって います。麺の長さが気になるお客様 は半分に切って茹でて下さい。
【手順2】
湯であがった麺を水の中に入れ、良くもみ洗いして麺のヌメリをとります。次に氷水に20~30秒つけて良く冷やします。
【手順3】
つけだれを器に入れ、冷水を50~80ml加えます。お好みで別添の「唐辛子オイル」「ごま」を加えて下さい。
★唐辛子オイルを全て入れてしまうと 辛すぎる為、少量づつ入れて辛さを確認してお召し上がり下さい。
【手順4】水気を切った麺を皿にうつし、お好みで「焼豚・ゆでキャベツ・ゆで玉子・白髪ネギ」等を盛り付けます。

  原材料名   アレルギー情報
【麺】小麦、卵白、かんすい、酒精
【つけ麺ダレ】醤油、砂糖、構造酢、たん白加水分解物、魚醤、水飴、食塩、畜肉(鶏・豚)、煮干し、さば節、いわし、昆布、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、(原材料の一部に小麦を含む)
【唐辛子オイル】ゴマ油、唐辛子粉末、にんにく、食塩
【ゴマ】ゴマ

 小麦、大豆、卵、鶏肉、豚肉、さば
  成分表   発売地域
 1食分(麺・たれ・唐辛子オイル・すりごま)の標準栄養成分
 ・エネルギー428kcal
 ・水分58.3g
 ・灰分6.3g
 ・たんぱく質15.0g
 ・脂質10.7g
 ・炭水化物67.7g

 ・食塩相当量6.4g

 4食入り簡易箱は通信販売のみのお取り扱いとなっております。
 2食・4食化粧箱は直売店のみのお取り扱いとなっております。